残業をなくす工夫を考えるときに重要なことのひとつは周りに気を使って帰れずにいることはないかどうかをチェックすることです。上下関係が厳しい場合も多く、人間関係をスムーズにこなすことも仕事のうちに入ります。上下関係を意識し過ぎて仕事がない日でも全員が帰宅しないときには一緒になって無理やり残業をしているといった行動をとっていないかどうか、再確認してみる必要があります。

どんな仕事でも忙しさの波はありますから、必要な仕事があれば残業もやむを得ない時もありますよね。ですが、特に繁忙期でもない場合には積極的に帰宅する意思をみせて周りの目を気にせず行動することも大切です。

休みをきちんととることは毎日の疲労をいやすために必要な時間でもありますし、プライベートを充実させるために必要な時間でもあります。休みをきちんととることで気分がリフレッシュされ仕事もきちんとこなせるようになりますから、特に忙しくないときに帰宅しますという意思を出すことは周囲との協調性を乱すことではなく、仕事に責任を持っているからこそできる態度だということを周囲に認識してもらうようにする必要があるでしょう。

仕事がない時には定時に帰宅する人という認識を周囲に持ってもらえるようになれば、職場でも快適に過ごすことができますし、今までつきあいで時間外に仕事をしていた人も自分も帰宅したかったというふうに行動を共にしてもらえるチャンスにもなるかもしれません。変わらないと思い込んでいた職場環境を変化させるきっかけになるかもしれませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です